情緒感あふれる日本家屋でゆるりと過ごす「ほっとすぽっと秩父館」


こんにちは、編集長のあざみっくすです。

 

秩父宮側町には歴史的な日本家屋が多く残っておりまして、最近ではそれらの建物を上手に活用した施設も多く有ります。

 

ほっとすぽっと秩父館」もその一つです。

 

明治時代初期に商人宿として建築された「秩父館」が今でも大切に残されています。
現在は、大ヒットアニメ「あの花」のグッズの展示や歴史深い神棚の展示やら、趣のある日本家屋でゆったりと過ごせるコミュニティスペースになっています。

車で前を通るたびに気になっていた場所なので、行ってきましたよ~

 

場所は秩父鉄道「秩父駅」から徒歩5分ほど

秩父駅を下車して、矢尾デパート方面に歩いていくと、「ほっとすぽっと秩父館」はあります。

 

DSC_0347-2

こちらが「ほっとすぽっと秩父館」
縁側に並んでいる野菜が目印です!

 

DSC_0350-2

わあ!色とりどりの野菜が縁側にずらっと!

 

DSC_0353-2

秩父産。

DSC_0352-2

これも秩父産。

DSC_0351-2

メロンまで秩父産!

施設の方にお伺いすると、朝に市場から仕入れてきて販売しているらしいです。
いやあ、いつでも新鮮な野菜をご用意されるのは大変でしょう、お疲れさまです!

 

DSC_0354-2

さて、中に入ってみましょう!

 

「アニメ」目的か「観光」目的かを聞かれる入口(笑)

中に入ると左手にカウンターがあり、こちらでこの施設についてご説明を受けることができます。

 

DSC_0356-3

おばちゃんに「アニメ?それとも観光?」という二択の質問をいただきます(笑)
観光です、とお伝えするとこの建物の由来や今の目的など、丁寧のご説明いただけました。

また、コーヒーやかき氷、有名なイチローズモルトなどもいただくことができます。

 

DSC_0357-2

「あの花」グッズや秩父の名産品などが所狭しと並んでおります。

 

DSC_0361-2

「あの花」グッズゾーン。ああ!蒸気Tシャツだ!

 

さて、居間(?)の方に上がっていってみましょう。

 

施設の中は情緒感あふれる落ち着いた空間

DSC_0362-2

靴を脱いで、中に上がると情緒感あふれる素晴らしい空間が広がっていました。

 

DSC_0379-2

すごく懐かしく、優しい電球。いいですねえ~

 

DSC_0387-2

こんな歴史を刻み続けている、存在感あふれる時計もありました。

 

DSC_0364-2

階段の上にも上がることができます。

 

DSC_0371-2

階段を上ったところに、巨大な神棚が!
写真だと伝わりにくいですが、これ、めちゃくちゃでかいです!

こんな立派な神棚、なかなか見れないですよ!

 

DSC_0375-2

2階には大広間があります。
予約をすればこのスペースを借りることができるらしいです!

ちちぶるオフ会でもやりますか~(笑)

 

一通り建物内を拝見させていただいた後、入り口の土間に戻って、ゆったりと過ごさせていただきました。

 

DSC_0393-2

風情のある囲炉裏もあります。
これを囲いながら、施設の方にいろいろと秩父の歴史のお話を聞きました~

 

DSC_0394-2

明治時代(だと思う)の秩父の案内図ですね。
指さしの場所が「ほっとすぽっと秩父館」。商人宿だったことがよくわかります。

 

自分のペースでゆっくり過ごしながら、秩父の商人町について学ぶことができるとっても素敵空間です。
思いっきり体を動かして、おいしいものを食べた後は、「ほっとすぽっと秩父館」で秩父の歴史を感じてみてもいいかもですね。 
 ※アニメで秩父に興味を持った方は更に楽しめると思います!

 

「ほっとすぽっと秩父館」の概要

店名 ほっとすぽっと秩父館
ジャンル その他
住所

埼玉県秩父市宮側町18-2

アクセス 秩父鉄道「秩父駅」から247m
営業時間 10:00~18:00
定休日 無休
問い合わせ先 0494-24-8856
参考サイト 食べログ
秩父観光ナビ
※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
※写真の無断掲載・使用を禁止いたします。