まるで家のリビング?秩父番場通りの究極のくつろぎカフェ「空&閑(くう&かん)」


こんにちは、編集長のあざみっくすです。

 

いやあ、暑いですね~

秩父は盆地ということもあり夏は暑く冬は寒い、というなんとも損した気分になる(笑)場所なのですが、夏でも秩父の素敵な場所をたくさん周りたいですよねー

そんなとき、ゆったりと一息つける場所があると本当に助かります。

 

っと、そんなことを考えていたら、なんと番場通りにめちゃくちゃ素敵なカラダもココロもホッと休める素敵なカフェがありました。

そちらが「空&閑 (くう&かん) 」です。

ほんと、くつろぐためだけに作ったお店なんじゃないか、っていうくらいくつろぎ度が高いお店です。

では早速行ってみましょうー

 

場所は番場通り、お肉屋さんの安田屋近く

西武秩父駅から番場通りを秩父神社方面に歩いていきます。

ベーグルとメンチカツのコラボが食べられる安田屋さんを過ぎた左手に「空&閑」はあります。

 

DSC_0506-2

こちらがお店です。

建物は左と右の2棟に分かれていて、左側がカフェになります。

1Fで靴を脱いで2Fに上がっていきますー

 

店内はまるで家?驚きのくつろぎ空間が!

店内に入るとこれまたびっくり、まるで一軒家のリビングのような空間が目に飛び込んできました。

 

DSC_0525-2

家のリビングのようなゆったりくつろげる空間。

 

DSC_0526-2

テーブル席もあれば・・・

 

DSC_0518-2

ソファー席もあり。

 

DSC_0517-2

ちょっとした個室まであります。

 

DSC_0508-2

というわけで、端っこ好きなぼくは、一番隅のこの椅子に座りました。

いやあ、なんか友達の家に来たみたいです(笑)

歩き疲れてここにたどり着いたら、たぶん即寝落ちする自信があります(笑)

 

メニューは数十種類のお茶やランチのセットがあり

さらっとお茶だけをいただくこともできますし、しっかりとランチメニューでご飯を食べることもできます。

 

DSC_0510-2

おしぼりも、コンパクトで何かオシャレです~

 

DSC_0513-2

お茶や食材のこだわりがびっしり書かれています!

DSC_0511-2

お茶には茶菓子がついています。

すいません、注文したお茶が何だったか忘れてしまいました(笑)

※こだわりのお茶は、だいたい600円~1000円くらいで、おかわり自由です

 

お茶をすすりながら多分に漏れず、うとうとし始めてしまったわけですが、読書なんかしてもすごいいいですね。

お店の人に話を伺うと、オーナーさんはとにかく「自宅でくつろぐような場所」というのを目指しているとのことで、見事にそれが表れている店内だと思いました。

それもあってか、店内は音楽無しの無音。本当に心静かに過ごせる場所になっています。

そして、自宅でくつろぐような空間、というコンセプト通り、そのまま寝落ちてしまうお客様もいるようです(笑)

 

外から見るとどんなお店か、が分かりづらかったのですが、実際に入ってみるとこんなにもくつろげる素敵な空間であることにびっくりしました!

秩父で歩き疲れてしまったら、「空&閑」でくつろぎのひと時を過ごされてはいかがでしょうか?

 

「空&閑」の概要

/tr>

店名 「空&閑(くうアンドかん)」
ジャンル カフェ
住所

埼玉県秩父市番場町15-5

アクセス 御花畑駅から229m
営業時間 10:30~18:00
定休日 水曜曜定休
問い合わせ先 0494-25-1308
参考サイト 公式Facebookページ
食べログ
※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
※写真の無断掲載・使用を禁止いたします。