また来年!芦ヶ久保「氷柱」レポート2016


こんにちは、編集長のあざみっくすです。

 

今日は、秩父の中でもちょっとずつじわじわと(笑)人気の出てきているスポット、

芦ヶ久保の「氷柱」をご紹介します。

 

2017年の氷柱記事はこちら!

4万人が訪れた氷の芸術「秩父 あしがくぼの氷柱」2017年もオープン!(1/6から)

2017.01.05

 

場所は、西部秩父線の終点「西部秩父駅」から2駅東京寄りの「芦ヶ久保駅」にあります。

(はい、ぼくの家の最寄り駅ですね!)

氷柱っていわゆる”つらら”のことなんですよね。

これを、渓谷で水を散布し徐々に氷を凍らせていくんです。

芦ヶ久保にそんなスポットがいつの間にやらでき、さらに結構人気と聞くじゃないですか!というわけでちょっくら行ってみましたよ。

 

DSC_0218-2

西部秩父線「芦ヶ久保駅」を降りたら、まず道の駅へ。

定番ですね!

 

氷柱への道その1

道の駅から7,8分ほど整備された道を歩きます。

 

氷柱その1

たどり着くと、こんな感じで早速氷柱が見えてまいりました!しっかし寒い!

 

氷柱その2

メインの場所にたどり着きました。

どーん!と氷柱が立派にそびえています!

 

氷柱その3 氷柱その4

植物にも氷が!すっごいきれいです。

 

氷柱その5

渓谷の上から眺めた、氷柱。いやあ、絶景!

 

ということで、お届けしました「芦ヶ久保の氷柱」。

実は2月いっぱいで終わっちゃってます(がーん、すいません)

ぜひ来年(というか、今年も末!)足を運んでみてくださいね!

 

 

芦ヶ久保「氷柱」の概要

イベント名 芦ヶ久保「氷柱」
期間  毎年 12月上旬~2月下旬 
時間

午前9時~午後4時  

毎週金・土・日曜日ライトアップ開催(日没~午後8時まで)

 料金 環境整備協力金200円(中学生以上) 
※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
※写真の無断掲載・使用を禁止いたします。