秩父の「華厳の滝」は埼玉クールスポット百選の一つであり、まさかの珍スポットでもある!


こんにちは、編集長のあざみっくすです。

 

「華厳の滝」というと、日光の「華厳の滝」を思い浮かべますよね?
いやあ、実は秩父にも「華厳の滝」があるんですよ。

しかも、これまた「埼玉クールスポット百選」の一つにも選ばれています。

 

この秩父華厳の滝
ヒーリングナイトという幻想的なライトアップイベントをやったり、滝のふもとにお茶屋さんがあったりと、なかなかの充実スポット。
色々と楽しめそうだな~ということで、行ってまいりました。

 

場所は皆野の山の中

車で皆野町役場付近から日野沢方面に15分ほど進んだところにあります。

 

DSC_0895-2

ずん!
道路の脇のこの看板が目立つのですぐにわかると思います。

「全国10位」って書いてあるじゃないですか~
これ、めちゃくちゃ調べたんですが、なんの10位かわからなかったんです…

ということで、細かいことは気にしないで行きましょう(笑)

 

緑に囲まれたでマイナスイオンを浴びながら散策

 

DSC_0896-2

こんな感じの山道を進んでいきます。

 

DSC_0897-2

細い道ですが、舗装されていますね。

 

DSC_0899-2

道の途中で振り返ると、川のせせらぎが聞こえる素敵な景色が見られます。

 

DSC_0903-2

お!遠くの方に滝が見えてきましたよ!

 

DSC_0907-2

たどり着きましたー。
もっと近づけるようなので進んでみましょう。

 

DSC_0911-2

いやあ、涼しい!
さすがクールスポット100選。

ところで、なぜ「華厳の滝」という名前がついたんでしょうか…?

これまた調べてみたのですが、ある一説によると『日光の華厳の滝に”見た目”が似ているから』とのこと。
見た目が似てるから、同じ名前付けてもいいのか~、と突っ込みどころもありますが、細かいことは気にしないのが秩父流。

 

滝だけでは終わらない!おもしろ不動明王と対峙しよう

実はこの「秩父華厳の滝」。
ただ単に滝を楽しむだけでは終わりません。

なんと、素晴らしい珍スポットでもあるのです。(珍スポットは勝手に僕が言ってるだけです(笑))

華厳の滝のさらに上に、ちょっと気になるモニュメントが見えました。

 

DSC_0917-2

坂を上って滝の上に出てみると…
おお、なんかいる(笑)

 

DSC_0918-2

こんなスリリングなところに、その”何か”はいらっしゃいます。

 

DSC_0919-2

じゃーん!
何と不動明王です!

DSC_0926-2

近くで見ると、こんな表情をしています!
「な…なんだとこんにゃろ~!」っぽい顔が印象的です(笑)

「明王」は、仏様の中でも「菩薩」の一つ手前の姿ですからね。
人々を救うために、必死になっていることから、どえらい表情になっていることが多いんですよね。

いやあ、これは珍スポットだ(笑)

 

散策後は華厳の滝茶屋で一休み~

DSC_0933-2

散策が終わった後はこちらに立ち寄ると良いです。
「秩父華厳の滝茶屋」

素敵な山あいの景色を眺めながら、ソフトクリームやコーヒーなどいただくことができますよ。

 

DSC_0937-2

こんな感じの風情のある場所で、ゆったり過ごすことができます。

 

DSC_0934-2

16種類以上の味がそろったソフトクリームもあります。
歩いて、たくさん汗をかいたので甘みと塩分が必要ですな~

ということで「塩ミルク」(350円)を注文しました。

 

DSC_0940-2

おお~
五臓六腑に染みわたるおいしさです。

この日もめちゃくちゃ暑かったので、こういった風情のあるところで食べるソフトクリームは格別です~

 

DSC_0952

風鈴も涼しさを演出してくれます。

 

 

いかがでしたでしょうか?
「秩父華厳の滝」をみて涼んだ後は、珍しい表情の不動明王様を眺めて、最後に山の景色を眺めながらアイスを食べる。

こんなコースで結構楽しむことができます。

また、この場所では「ヒーリングナイト」というライトアップのイベントもやっているようです。
次回は10月頃に開催予定らしいので、ぜひ公式サイトをチェックしてみてくださいね!

 

 

「秩父華厳の滝茶屋」の概要

店名 秩父華厳の滝茶屋
ジャンル カフェ
住所

埼玉県秩父郡皆野町上日野沢3311−1

アクセス 国道140号 「皆野町役場入口」より車で約15~20分
営業時間 【3~11月】11:00~18:00
【12月~2月】11:00~17:00(平日)
11:00~18:00(土・日・祝日)
定休日 毎週木曜・月に2回水曜日) 
12月~2月:木曜日・水曜日(変更の場合あり)
問い合わせ先 090-5334-3809
参考サイト 公式サイト
※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
※写真の無断掲載・使用を禁止いたします。