4月のピークが逃せない!「いちご狩り」は秩父・小松沢レジャー農園がおすすめ!

秩父といえば「いちご狩り」!20以上の農園で「いちご狩り」体験ができるほど盛んです。どの農園さんも栽培方法にはこだわり、季節を通して、とっても甘いいちごを育てています。小松沢レジャーもおすすめの農園の一つ。リーズナブル値段でいちご食べ放題が楽しめるスポットです!


こんにちは。ちちぶる編集部の上林です。

皆さん、いちごはお好きですか?

日本人が好きな果物ランキングを調べたところ、1位は…なんと、いちごでした!赤くて甘くて、かわいらしいイメージを持っているいちご。自分で取ってその場で食べられたら、うれしいですよね。

秩父地域では、1月からいちご狩りがシーズンになります。(いちご狩りができる農園はなんと20以上!)

今回はその中でも、特に観光客から人気の横瀬町にある「小松沢レジャー農園」でいちご狩りを体験してきました。早速紹介していきたいと思います!

 

小松沢レジャー農園の場所

小松沢レジャーは、秩父・横瀬町にあり、最寄駅は西武線「横瀬駅」となります。

横瀬駅から徒歩で行こうとすると、25分ほどかかってしまいますがご安心ください。横瀬駅から無料送迎バスが利用できます。横瀬駅に到着後、小松沢レジャーに電話をすれば迎えに来てもらえるという贅沢なシステムです!

 

小松沢レジャーの特徴は?

今回はいちご狩り目的で訪問しましたが、そもそも小松沢レジャー農園は、1日中遊べる、その名の通り「レジャー農園」です。

体験できるラインナップ

季節によっていちご狩りのほかにも、しいたけ・ぶどう・さつまいも等の収穫体験ができます。さらにマス釣りや、そばうどん打ち体験やお食事も可能な農園、ディズニーランドの大自然版のようなところですね(笑)。

夏に小松沢レジャーに訪れた際の記事はこちら!

田舎の遊びがすべてある!秩父横瀬の小松沢レジャーの底力がすごい!

2016.08.19

 

ひと味もふた味も違う!いちご狩りを体験!

それでは、早速いちご狩り体験に向かいましょう。

小松沢レジャー農園のいちごハウスの面積は、なんと7,000平米!秩父で一番広大な土地でいちごを栽培しています。いちごを栽培しているハウスは全部で4つ。とはいえ、一つ一つのハウスがかなりのビッグサイズです!

ハウスの中に入って、その広大さにびっくり!

いちごの栽培方法には2パターンあります。

1つは地面の近くで屈みながら収穫する土耕栽培(どこうさいばい)、いちご狩りといえばこのイメージを持っている方が多いのではないでしょうか?

2つ目が地面から120センチメートルくらいの高さに植えられている、高設栽培(こうせつさいばい)。立って収穫ができるので、腰やひざが痛い方も安心。なんと車いすでもいちご狩りができるようになっています。土耕栽培、高設栽培それぞれに適したいちごの品種があり、最も美味しく食べられる栽培方法を取っています。

しゃがんだり、かがんだりして収穫する「土耕栽培」

立ったまま収穫ができる「高設栽培」

 

では実際に、いちご狩りをしてみたいと思います!30分食べ放題、思う存分いちごの甘さを楽しみましょう!今回は土耕栽培で育てられている「とちおとめ」をいただきます。

ヘタ入れを受け取る

最初にいちご狩りを存分に楽しむために、コツをたくさん教えてくれます!

美味しいいちごのために真剣そのもの…

美味しいいちごをゲットするポイントは、全体が赤くなったいちごを見つけること。そして、いちごを直角に曲げて、少し下にひくと…簡単に取れます!

食べ方にもコツがあり、ヘタの方から2回に分けて食べると、より甘さを感じます。これは、いちごの下の方から甘さが詰まっていくので、ヘタの部分よりも実の先の方が甘い、といういちごの特徴らしいです。ちなみに、練乳はヘタの部分につけて食べるのが最も美味しい方法だとか。

ヘタの部分まで真っ赤ないちごが狙い目

まずはヘタの方からパクっと

ふたくち目で、先端の方を食べると、一層あま〜く感じます!

取材で説明を受けながらも、次々に手が伸びる(笑)

ちなみに、時々、ブーンと飛んでくるハチは「マルハナバチ」。花の受粉のお手伝いをしています。ミツバチより刺す率、腫れる率が少ないとのことです。コロコロしていて、かわいいです。でも、突然来るとびっくりします…。

コツをしっかり教えていただいたおかげか、次々に甘いいちごを食べることができます。

でも実は甘さの秘密は丁寧な育て方にもあるんです。ここでは、いちごの栽培は「量より質!」を徹底していて、一つの株になるいちごの数を制限していくことで、より美味しいいちごができるよう工夫しています。数を減らしてでも甘いいちごに育て方が、結果的にお客様に喜んでもらえる、そう考えているからこそ、質にこだわる姿勢だといます。

数をたくさん作るよりも、甘いいちごを育てるために株の数を調整している

 

耳寄り情報!4月中旬から甘いいちごのピークを迎える!

いちご狩りをしながらスタッフの方からこんなことを聞きました。

「甘いいちごができるピークって2回あるんですよ~、次は4月の中旬です」

驚きの新事実でした(笑)。てっきり1月中旬がピークで、それ以降は値段も少し安くなるから、甘さも無くなるのかなと思っていたのですが、1月中旬と4月中旬の2回あるのだそうです!いちごは、栄養成長(株や葉の成長)と生殖成長(実の成長)があり、4月に再度生殖成長を迎え、甘い実ができるとのこと。

まさに、これから第2のピークがやってきます!「今年、行きそびれちゃったの~」という方、諦めるのは、まだ早いですね!

いちご狩のピークをこっそり教えていただく

 


いかがでしたか?おいしそうないちごを見つけて、好きなだけ食べられる幸せ、最高ですね!いちご狩りは6月の3週目まで可能なので、ぜひ出かけてみてくださいね。

「小松沢レジャー農園」の概要

店名 小松沢レジャー農園
ジャンル レジャー施設
住所

埼玉県秩父郡横瀬町横瀬1408

アクセス 横瀬駅から1,489m
値段 いちご狩り 30分食べ放題 
【12/10〜2/末】
大人 1,700円 小学生未満 900円
【3/1〜4/10】
大人 1,500円 小学生未満 800円
【4/11〜6月第3日曜日】
大人 1,200円 小学生未満 600円
営業時間 10:00~16:00 受付は15:00まで ※無くなり次第終了
定休日 不定休
問い合わせ先 0494-24-0412
参考サイト 公式サイト
食べログ
※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
※写真の無断掲載・使用を禁止いたします。