川に映り込む幻想的な氷柱が見逃せない!「三十槌の氷柱(みそつちのつらら)」が見頃です


こんにちは、編集長のあざみっくすです。

冬の秩父の定番観光スポットとなった「氷柱」。秩父にはこの氷柱を見られるスポットが3箇所あり、これらを「三大氷柱」として楽しむことができます。

前回は、横瀬町の「あしがくぼの氷柱」をご紹介しましたが、今回は大滝の「三十槌の氷柱(みそつちのつらら)」をご紹介したいと思います。

「三十槌の氷柱(みそつちのつらら)」は何と言っても、天然の氷柱と手作りの氷柱の2つが見られ、それらがライトアップされた時に川に映り込む姿が、実に絶景なところですね。

それでは行ってみましょう。

 

秩父市街から車で40分

秩父市街から、車で約40分の場所に「三十槌の氷柱(みそつちのつらら)」はあります。西武秩父駅から出ている三峰神社方面のバスで「三十場」というバス停下車で徒歩10分ほど。ただ、本数が少なく、夜のバスも早いのでライトアップを見るには、車で行くことをおすすめします。

 

こちらが、会場に入る手前の駐車場。売店も出ています。

※駐車料金500円が必要です

 

こちらが売店の様子。あったーい甘酒から、秩父名物のみそぽてと、肉まんなどがあります。

 

甘酒は200円。もう秩父の氷柱といえば「甘酒」ですよね。体の芯から温まるありがたい一杯です。

 

ちなみに、キンキンに冷えたビールもあります。この時すでに夕方近くに時間でしたが、気温が低すぎて氷が全く解けていないようです(笑)

 

ちなみに「三大氷柱」のスタンプラリーもあります。

 

受付でもらえるチラシの裏面に、スタンプを押す箇所があります。3箇所まわることで各氷柱会場近くの温泉が半額で利用できます!

 

こんな感じでスタンプが用意されていますので、氷柱を回りながらバンバン押していきましょう!

 

見事なつららを見られる昼間の氷柱

され、それでは会場に向かってみましょう。

 

こちらが入り口。環境整備金の投げ銭箱もありますので、できればお好きな額を入れて先に進みましょう〜

 

夜にはライトアップがされるのですが、その電源はなんと「使用済み天ぷら油」を使い、「LEDライト」を使うことで、環境を配慮した取り組みとなっています。

 

会場に着くと、こちらが目に付きます。「三十槌の氷柱(みそつちのつらら)」は天然でできた氷柱と、人の手で作り出した氷柱の2つがあります。

 

こちらは、天然の氷柱。

 

天然でもここまで立派な”つらら”ができるんですね!高さは1m以上ありますでしょうか。見応えがあります!

 

こちらが人工の氷柱ゾーン。壁の高いところにまで”つらら”があるのが特徴ですね。

 

 

1月中旬の撮影でしたので、ここからさらに成長していくところです。

 

夜間のライトアップは圧巻の絶景!

こちらでは、期間中毎日ライトアップがされているので、週末に都合がつかない方でも、ライトアップの絶景を楽しむことができます。

それでは、ライトアップバージョンの「三十槌の氷柱(みそつちのつらら)」をご紹介していきましょう。

 

会場に向かう道も、すでに幻想的な演出がなされています。

 

天然氷柱ゾーンのライトアップ。”つらら”が光り輝き、その姿が川に映し出されており、息を呑むような姿を見せてくれます。

 

 

次々に変わりゆく色合い。「幻想的」という言葉以外が見つかりません…

 

こちらは人工氷柱ゾーン。高い位置の壁までライトアップされており、ダイナミックさ圧巻です。

 

まるでディズニーのアトラクションような壁面。いやー、ほんと息をのむように見入ってしまいます。

昼間とは全く違った姿で出迎えてくれる氷柱。極寒の寒さも忘れるくらい見る者を引き寄せる魅力があります。

 


いかがでしたか?
前回ご紹介した「あしがくぼの氷柱」とは少し趣が違い、ダイナミックな氷柱を楽しめるスポットとなっています。

次回は、もう一つの氷柱スポット、小鹿野の「尾ノ内百景(冷っけぇ~)氷柱」をご紹介したいと思います!

 

合わせて行きたい!絶景の氷柱スポット

4万人が訪れた氷の芸術「秩父 あしがくぼの氷柱」2017年もオープン!(1/6から)

2017.01.05

吊り橋から眺める絶景!小鹿野「尾ノ内百景(冷っけぇ~)氷柱」

2017.02.05

 

「三十槌の氷柱(みそつちのつらら)」概要

イベント名 三十槌の氷柱(みそつちのつらら)
ジャンル 景色、ライトアップ
開催日時 2017年1月8日(日) ~2017年2月26日(日)
(ライトアップ時は平日19:00,土日祝祭日は21:00まで)
料金 駐車場料金 500円
住所

埼玉県秩父市大滝4066-2

アクセス 【車】秩父市街から約40分
参考サイト 秩父観光ナビ
※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
※写真の無断掲載・使用を禁止いたします。